MENU

 もともと仕事始めたら1人で生活をしたいという気持ちがありました。
1人の方が気楽に生活をすることもできるし、親のいない生活というものは憧れがあったのです。
とにかくうちの父親はとても口うるさく、いろいろと干渉してくるものだからいつだって喧嘩をしていました。
中学の時も高校の時も同じように、激しく言い合いをするような事は毎日のようにあったのです。
成人して仕事をするようになってからも、なにかと干渉してくるために本当にイライラしてしまっていました。
だから親のいない所で生活をしたい、この気持ちはとても強くなってしまっていたのです。
1人でのんびりと穏やかな生活をしていて、これに強い憧れを持つようになってしまっていたのでした。
アパレルショップの店員をやっているのですが、手にする給料が20万円程度ですから、自分が望むような生活をするのは難しい状況でした。
家賃や生活費の事などを考えると、すぐに一人暮らしをすると言う事は難しかったのです。
一人暮らしのための貯蓄も始めてはいるのですが、思うように増えてはいきません。
安い物件で生活をするのは絶対に嫌だったから、それなりの資金は確実に必要だったのです。
このままじゃ一人暮らしをするのはかなり後になってしまう、そう考えるだけでも何だか嫌な気分になってしまっていました。
打開策を見つけなければいけないという気持ちがあり、焦りも感じるようになってしまっていたのです。
親からの経済援助を受けることは絶対にできませんから、別の方法を模索していました。
そこで思いついたのがパパ活をすることでした。
お金持ちの男性は少なくありませんから、知り合って関係を持てば大金をサポートして貰えるはずだと考えついたのです。